家を売る際に不動産屋は必要か

7月 1st, 2014

・とにかく高く売りたいという人なら

家を買うだけではなく売る際にも不動産業者を利用した場合には、媒介手数料(媒介報酬)というものが発生いたします。
これは売却金額に3%に64800円を加算した価格を上限となっており、業者によって多少上下はあるものの平均して売却価格の3%が取られることとなります。

3%とはいえ1000万円をこえる物件価格となりますので、その費用は決してバカにできるものではありません。
ただし、家を売ると一概に言っても売り先によってこの媒介手数料は違ってまいります。

たとえば自分の持ち家を不動産業者を通じて他の人に買い取ってもらう場合にはこの媒介手数料が当然ながら発生いたしますが、不動産業者に買い取ってもらい、不動産業者が別の方に売買する場合などはこの媒介手数料はかかりません。

一軒家

このために売れることが確実な良好な物件であるほど不動産業者も自腹を切って買取してくれますので、媒介手数料だけではなく業者をつかうことによってモロモロの面倒な登記などの手間も代行してもらうことが可能です。

ただし業者に買い取ってもらう場合にはコチラの都合の価格よりも評価額から利益を算出した不動産業者の言い値になることが多く、売主の希望よりも販売価格が安くなってしまうケースが多いようです。

あくまでこの値段で売りたいという希望があれば、不動産業者を仲介して他者に売るという媒介手数料が発生する方法をとるか、不動産業者を通さず書類等は書士にまかせてあとはすべて自分で行うかの選択になるかもしれません。

とにかく早く家を売りたいという方であれば、不動産業者はやはりありがたい存在でして、先に申し上げた不動産業者自体の物件の買取などが承諾されれば手早く家をリリースすることがかないます。

また仲介となった場合においても広告媒体の掲載や、家を欲しがっている人たちの情報網などは明らかに素人がやるよりも早く広いために、売れるチャンスをみすみす逃すこともないでしょう。

また家の売買で発生する各種の登記だけではなく、税金についても業者は詳しいために売却益で発生した所得の控除についてや、買い替え購入で発生した損益による税控除についてのアドバイスなども一緒にうけることができるので、トータルしてみるとやはり業者に任せたほうが損はしないと思います。

家が売れないことには建て替えもままならないという方の方が多いはずですし、買い替える物件の土地などの手配もあわせて考えますと、例え3%近くの手数料がかかったとしても不動産業者に頼ったほうが確実です。

家売る.com
家を高く売るためのコツや、賢い値下げ方法などを解説

顧問弁護士は頼りになる

7月 19th, 2014

頼りになる存在と言えばいろいろな存在が挙げられるものです。まずは身近な所で言えば親です。
特に子供の頃は、親の存在は絶対と言っても過言ではありません。
親がいてくれるからこそ安心感を憶えているという人も決して珍しくありません。

それくらい親の存在は大きなものなのです。
学校に入れば教師です。
教師の存在は、時に嫌悪感を抱くかもしれませんが、根底では頼りにしているもので、教師への反感は、言い換えれば「自分の希望をかなえてくれない事への不満」でもあるのです。

期待の裏返しと言っても良いのですが、それくらい教師の存在というものはとても大きいものなのです。
また、社会に出れば先輩・上司の存在もとても頼りになるものです。
これらの存在があるからこそ、解らない事を聞いたり、いろいろと成長する事が出来るようになると言っても決して過言ではないのです。

更に、法律的な面から言えば弁護士です。
企業であれば顧問弁護士も含まれます。
特に顧問弁護士の場合、専門的な存在でもあります。

顧問弁護士の料金について/咲くやこの花法律事務所

常日頃からの付き合いもありますので、自分達の事をしっかりと理解してくれているのです。
それだけでもとても頼りになるのは言うまでもありませんが、顧問弁護士は法的見地からの意見をくれる存在でもあります。決して気休めですとか、感情論に走る事はありません。

どの意見も法的見地に基いた「正しい」意見になりますので、頼りにならない訳がありません。
間違っているのか正しいのか。
法律は犯していないかどうか。

企業にとってとても大切な事を法的見地からしっかりと教えてくれるのが顧問弁護士ですので、顧問弁護士の存在はとても頼りになるのです。
もちろん顧問弁護士ではなく、普通の弁護士も頼りになるのは言うまでもありません。

顧問弁護士も弁護士です。
法律の見識は一般人とは比べ物にならないほどのものを持っていますので、自分だけではなかなか解らない事もしっかりと解決する事が出来るのです。

サカイ引越センターに依頼しよう

7月 1st, 2014

引越をどこに依頼すべきか。
これは引越を考えている人の多くが悩まされる部分です。
引越はどの業者に依頼しても同じだろうと考えている人もいるかもしれません。

ですが、依頼する業者によって料金だけではなく、引越そのものが違うものになるのです。
信頼出来る業者に依頼すればとても素晴らしい引越になりますが、作業がたどたどしい業者の場合、任せて大丈夫なのかと言う不安に駆られるものです。

引越は自分の財産と言っても過言ではない物を運搬する事になりますので、どれも決して傷つけられたくない物なはずです。
他の人から見ればそこまで価値があるとは思えないようなものであっても、お気に入りだったり思い入れがあったりするはずですので、傷つけられてしまったら大変です。

だからこそ信頼出来る業者に依頼したいと思うのは当たり前ですが、サカイ引越センターのような大手こそ、信頼出来る業者なのかもしれません。

サカイ引越センターは知名度も抜群で、引越を依頼した事が無い人であっても「サカイ引越センター」という名前くらいはご存知なはずです。
別名引っ越し サカイとも呼ばれてますね。

サカイ引越センターは引越業界の「老舗」「大手」と言っても決して過言ではありませんが、決して長く営業しているだけではありません。
そもそも、引越業界は様々な業者が進出してきていますので、長く営業している事も大きな信頼を寄せられている事の裏返しでもあります。

信頼を集める事が出来ない業者は次第に顧客が減り、仕事がなくなって倒産という道を歩まなければならなくなってしまいます。
だからこそ「長い営業」は大きな信頼を集めている裏返しでもあるのです。
また、業者によって引越のノウハウは案外異なっています。

箪笥の運搬一つとってみても、普通に運ぶだけで良い立地であれば業者間の差はそうそう見られません。
ですが狭い階段を運搬する時ですとか、部屋の入り口が狭かったり角度が無い所に大きな家具を運搬しなければならない時等は、業者間の「力量差」が出るものです。

また、トラックにどれくらい荷物を詰め込む事が出来るかもまた、とても大きな「差」となる部分です。
トラックに、まるでパズルゲームのように隙間なく荷物を入れてくれる業者もいれば、スカスカの状態で、それでいて「トラックが増えたので追加料金」と言ってくる業者だってあるのです。

そのため、引越業者は出来ればレベルの高い所が良いのですが、サカイ引越センターが選ばれているのはその点も見逃せません。